採用情報

施工管理

工事部 安藤葵 Aoi Ando
高校の建築学科で建築の基礎を学び、リフォームやリノベーションに興味を持つ。その流れからマンションの改修・修繕を専門に事業を行う太陽に高卒入社。現在は先輩の現場でアシスタントとして活躍中。

工事部 安藤葵

いい意味で、女性を武器にできる仕事

営業さんが受注してきた工事を、予定どおりに仕上げるのが仕事です。工事現場というと、ヘルメットをかぶった男性が力仕事をするイメージがありますよね。でも、実際に現場に入ってみると、想像とはまったく違います。求められるのは筋力よりも知性。それもそのはず、この仕事は、建築の知識うんぬんの前に、長年培った経験がものをいう仕事ですから。
高校で建築を学んでいたといっても、座学や実習をこなしていただけの私がこの仕事をできているのは、会社にマニュアルが整備されているからなんです。
マニュアルには、協力会社さんへの指示の出し方から、品質管理の仕方まで、工事管理のすべてが収録されています。このマニュアルに沿って研修を受けていますから、経験の少ない私でも現場管理ができるのです。
女性の私が現場担当として紹介されると、お客さまも最初はびっくりするようです。でも、工事が終わる頃には、ほとんどのお客さまが女性でよかったとおっしゃってくださいます。この仕事を選んでよかったと思う瞬間です。

これから目指したい姿

工事管理でいちばん大切なのは、コミュニケーション能力なのではないか。最近はそう思います。足場を組んでみたら、上層階に想定していなかった建物の劣化を発見したり。雨の日が続いて、予定通り工事が進まなかったり。現場では、そんなちょっとしたトラブルはよくあることです。
大切なのは、そのトラブルの内容をお客さまにきちんと報告すること。トラブルが起こった時は「もしも自分がお客さまだったらどう思うか。どうしたいか」を考えて行動するようにしています。目指すは、報連相の達人ですね!!

※この情報は2017年2月時点のものです。