事業案内

大規模修繕を計画中の方

Q. 設計監理方式とは何ですか?

A. 設計業務と施工を分離させている方式で、設計・施工分離方式ともいいます。設計業務は一級建築士が担当することが多く、施工会社が提出する工事費見積を公平にチェックし、設計に基づいた施工がおこなわれているかを監理します。品質の確保、工事費用の透明性の確保、責任所在の明確化などの点でメリットがあります。

一方で、設計と施工両方に発注する必要があるため、管理組合にとっては選定に関する手間や費用が増えることになります。

sun

そもそも、ダイキボシュウゼンってなに?
理事・修繕委員の方必見!
大規模修繕の必要性やおおまかな流れがこの1冊に。
資料請求フォームへ無料診断依頼フォームへ