事業案内

施工会社を選定中の方

Q. 見積合わせ方式で施工会社を選定することになりましたが、手順がよくわかりません。

A. 見積合わせ方式は、一般的には以下のような手順で進められます。なお、設計監理方式の場合は、コンサルタントにアドバイスをもらいながら準備を進めてください。

見積依頼をする施工会社の選定

募集要項をしっかり定め、専門紙で公募するほか、インターネットでマンションの近くに本社や営業所を構えている専門会社を中心に検索し、気になるところに問い合わせします。

交付図書準備

見積条件書、見積項目書、工事仕様書、改修図など、施工会社に提供する資料を準備します。

現場説明(現説)

建物内の案内、交付図書の説明などをおこないます。

質疑回答

施工会社からの質問に対応・返答します。

見積書受領

指定した期日までに施工会社から見積書や工程表、体制表などが送付されます。

見積書などの資料確認

見積の内容や項目、数量、作業工程、工事体制などを確認します。

絞り込み

経営状況、実績数、体制、見積内容などを比較し、ヒアリング対象会社を2~5社決定します。

ヒアリング(面接)

対象会社が作成した資料にそって説明を受けます。的確さや熱意、体制、最終的な金額を比較します。

内定

条件のあう1社を決定し、内定書を手配・送付します。

sun

そもそも、ダイキボシュウゼンってなに?
理事・修繕委員の方必見!
大規模修繕の必要性やおおまかな流れがこの1冊に。
資料請求フォームへ無料診断依頼フォームへ