事業案内

市場環境への対応力

市場背景

「修繕」という小さな市場の大きなニーズ。

行政、不動産、金融、技術革新、製造、エネルギー問題、需要、地理…、さまざまな要素が複雑にからみあう建設業界。社会情況や景気など、どうにも逆らえない事態が原因で、経営が不安定になりがちです。そんな建設業のなかにあって、私たち太陽が専門としている「修繕工事」の分野だけを見てみると…

 

新築工事の減少が続くなかで、既存の建物の維持を目的とした修繕工事は安定的に推移していることがわかります。工事全体を占める割合を見ると、平成12年以降は上昇傾向にあり、平成24年には30.3%、全体の約1/3を占めるまでになっています。
このことは、住宅ストックの増加が背景にあります。分譲マンションは、平成25年の時点で日本全国に約601万戸ものストックがあり、居住人口は約1,480万人に登るといわれています。

 

マンション1棟が50戸編成と考えれば、12万2000棟のマンションが建っていることになります。これらのマンションが、国土交通省のめやすどおりに12年おきに大規模修繕工事を実施すると考えた場合、年間で約8000〜1万棟が工事の対象になります。さらに、1回の大規模修繕工事費用が約5000万円とすると、4000億〜1兆円もの市場であると考えることができます。
建設業という大きな枠のなかに入れば、修繕の市場はほんの小さなもの。ですが、主流は新築工事から改修・修繕工事に変わってきています。実際に、国土交通省はマンションの大規模修繕工事をはじめ、維持管理や修繕積立金についてのガイドラインを多数制定し、国を挙げてのバックアップ体制をとっています。
大規模修繕工事の施工は、マンション管理組合さまはもちろん、国も求める大きく絶対的なニーズといえます。
その大きなニーズを早くから察知し、修繕工事の専門会社としての知識・ノウハウを蓄えてきたのが、私たち太陽です。

課題の人手不足も、いち早く対策

テレビのニュースでも特集が組まれるほど、建設業界の人材不足は非常に深刻化しています。建設投資の減少にともない、97年(685万円)をピークとして減少が続いています。2013年は前年と比較して4万人減の499万人。とりわけ、技能工や建設作業者の減少が著しく、技術力のある建設作業員の確保が難しい時代を迎えています。

創業以来40年余、昔も・今も、大規模修繕工事の基本となる「塗装」「防水」「下地補修(ひび割れ補修)」「シーリング」の技術を協力会社と二人三脚で磨き続けております。近年では、業界初となる大規模修繕工事専門の技術研修センターの設立及び大規模修繕工事多能工を育成する為の学校を運営し、平成30年の3月31日に県認可の職業訓練校となり、更なる技術の向上に力を入れております。
当社がここまで職人の育成にこだわるのは「大規模修繕工事は、どんなに現場代理人が優秀であっても職人の技術なしでは高い工事品質を提供することはできない」と考えているからです。

すべて「いまも、これからも、高い品質を安定してご提供したい」という一心で取り組んできたことですが、当社が育てた職人を協力会社に波及させることで協力会社とその技術を支えてまいります。