代表あいさつ

経営状態が健全でなければ、お客さまに適正な提案は行えない。 最近はとくに、それを実感しています。

greeting この見積りに、ちょっと目を通してもらえませんか。そんな理事・修繕委員の方からのご相談が増えました。“高いから”無駄がないかチェックしてほしいというのではなく、“安いから”本当に大丈夫か、精査してほしいというのです。
最初はその安さに目を奪われたそうなのですが、工事のことがいろいろとわかってきて、心配になったのでしょうね。品質に問題はないだろうか、工事中に倒産しないだろうか、と…。

そうしたご相談を受けるたびに、国の基幹産業である建設業がこんなことでよいのだろうかと、憤りを感じます。生まれ変わるマンションを夢見て、修繕資金を積み立ててきたお客さまの不安そうな顔を見ると、心が痛みます。そして、経営状態を良好に維持し続けることの大切さを、あらためて思い知らされるのです。

太陽は、創業してから約40年が経ちます。おかげさまで、ずっと健全経営を保ち続けることができました。振り返ってみると、業容を拡大する機会は何度となくありました。業績が上昇し続けているいまも、そのチャンスなのかもしれません。

でも私たちは、決して拡大路線は取りません。
企業規模を拡大することによって、必要以上に利益を確保しなければならない経営環境になることを何よりも恐れているからです。
利潤を優先する営業姿勢になってしまわないかと、数年先の社員たちの姿を憂えるのです。
正しい設計も、優れた品質も、誠実な見積りも、すべては良好な経営状態があってこそ。
だから私たちは健全経営に努めます。
「お客さまのために考えた提案です」と、胸を張って言える太陽であり続けるために。

建設業ですから、技術やノウハウを鍛えるのは当然のこと。 それと同じくらい心も磨きたいと思うのです。

greeting2建設業というよりも、まるでサービス業ですね。時折、そんな評価をくださるお客さまがいらっしゃいます。 建設会社の人間というよりも、ひとりの女性として、家計を預かる主婦の目線、子を育てる母親の目線で、自社のサービスや社員の仕事ぶりをチェックしてきたからお客さまの目にそのように映るのかもしれません。

チェックといえば先日も、こんなことがありました。 下地の補修工事が終わって、その品質をお客さまにもチェックしていただいていたのです。現場代理人が施工の状態についてご説明していると、「なるほど。よい出来なのがわかりました」と、満面の笑顔で納得されたご様子のお客さま。大規模修繕工事ではごくふつうの光景ですが、私は思わず考え込んでしまいました。 

完工時の仕上がりは見た目の美しさもあって建築に詳しくない方でも点検しやすいけれど、下地の善し悪しなどはわかりにくい。でも、この下地補修のような地味な施工こそ、改修・修繕工事の品質の要なのです。その品質のよさを、誰にでも一目瞭然にできないものだろうか・・・。

その結果生まれたのが「合格基準書」という新サービス。これは「ひび割れの補修は凹凸がないこと」といった、施工の善し悪しを決める条件が事細かに記されたもの。これを見れば、下地補修も足場仮設も、その品質をお客さまご自身でチェックすることができます。

居住者のみなさまが住みながら行う大規模修繕工事では、お客さまの納得がなによりも大切です。
だからこそ、ふつうは見逃してしまいそうな、小さな事実に気づける心こそ磨きたいのです。小さな発見を直ちに実行できる、小回りの利く会社であらねばと強く思うのです。私たちがお客さまの目線で自分たちの仕事を律し、日々改善を心がけているのはそのために他なりません。小さな積み重ねは、やがてお客さまの大きな喜びにつながるはずですから。