太陽の特長・社風

しなやかに、あざやかに。
女性ならではの感性を存分に活かして。

代表写真

以前から太陽では女性を積極的に採用していて、女性の比率が高いことが特長のひとつに挙げられます。
代表のわたしが女性だから・・・?
いいえ。太陽の主業務「大規模修繕工事」のお客さまをものごとの中心に置くと、自然にそうなってしまうからです。というのも、工事をおこなう日中には、家事や育児で忙しくしている女性が多く在宅しています。だからこそ、その気持ちをうまく汲み取れる「女性ならではの目線」がとても大事だからです。

太陽には女性をメンバーに加えた「安全パトロール」での点検、写真や図を多用したわかりやすい提案書、仕上がりのイメージを明確にする「合格基準書」など、他社にはない数多くの独自の取り組みがあります。そのほとんどが、女性の視点から生まれたもの。女性ならではの発想が、会社の競争力を高め、太陽を躍進させてきた原動力となっています。

そうした女性の働く機会を、出産や子育てによって失ってほしくはない― 。
近年、太陽では社内だけでなく「地域」という広い視野で女性をバックアップしたいと考え、さまざまな活動をおこなっています。

こんなことをいうと、まるで女性しかいない会社に思われるかもしれません。でも誤解しないでください。女性が活躍できる職場は、男性が活躍できる職場でもあることを。 たとえば、先に挙げた「合格基準書」という取り組みは、女性社員の発想を、男性社員が具体化したものなのです。
新しいことを始めるのは、とてもエネルギーがいります。ましてや、今までになかったような業界初のサービスは、さまざまな障害を乗り越えなければなりません。
がむしゃらに、何かをやり遂げようとする力。それは、太陽がいまいちばん必要としている力です。

太陽の取り組み

「多様な働き方実践企業」として埼玉県に認定されています。

多様な働き方認定制度

2012年から県庁に「ウーマノミクス課」が設置され、先進的に「女性の活躍」を支援している埼玉県。
太陽は、時短勤務やフレックスタイムなどを取り入れた、多様な働き方を実践している企業として、埼玉県に認定されました。


浦和レッズレディースのオフィシャルパートナーをつとめています

浦和レッズレディース

2011年のワールドカップで優勝・2015年に準優勝したなでしこたちのがんばりを一過性のブームで終わらせることなく、女子サッカーの環境がより良くなることを願って、スポンサーになることを決めました。
2016年には、シャワーブースしかなかった練習場内に浴室を寄贈。「紅陽の湯」と名付けられ、選手たちのコンディション維持はもちろん、選手同士のコミュニケーションに一役買っています。